肌に優しい白髪染め 新しいカラーの紹介




肌に優しい白髪染め
白髪も黒髪も茶色にできる白髪染め!

今回は白髪染めのお知らせです。

いつも使ってるカラーの会社から

肌に優しい白髪染めのカラー剤がでたので

導入しました。

導入をきめた理由

  1. 同じ会社が開発したので 間違いなく今の物より肌に優しいから

でも既存のカラー剤も新しいカラー剤より肌に20%ほど優しくないですが

カラー剤の中では優しい方です。

本当にいい物です。今まで一番やさしいと思って使ってました。

「既存のカラー」も「新しいカラー」も今後も宜しくお願いします。

「新しいカラー」料金は既存の1000円増です。

<追記>平成29年6月1日

昨日

試しに1度だけ新しいカラー剤(カラープロセス)をやりました。

16年ぶりにゼロテク(肌にやさしいカラーの塗布方法)をやめて

頭皮にカラー剤を付けて(ちょっと少なめ)

アッシュブラウンの白髪染めをしました。

髪の毛の色味、手触りは既存の物と変わりませんでした。

今まで本当にいいもの(カラープロセス)を提供してるつもりだったので

よかったです。

問題の頭皮は

しみなかったです!

新しいカラー剤の頭皮ケアと低アルカリが効いたのだと思います。

新しいカラーを宜しくお願いします。

ちなみに、今後は既存のカラーをゼロテクでやってもらいます。

既存もいい物なので!

長山

カラープロセス(水カラー)の紹介の前に【アミノ酸】

髪毛の8割以上はアミノ酸!ケラチンタンパク質でできている

髪の成分割合

なんだかんだでアミノ酸ですね。

髪の成分割合

  1. 80%〜 アミノ酸18種類(ケラチンタンパク質)
  2. 〜11%〜 水分
  3. 〜5%〜 脂質(CMC=18-MEA、セラミド、コレステロール)
  4. 〜4%〜 メラニン

既存の水カラープロセス

当店のカラーはナノスチーム使った水カラー

プロセス

  1. ナノスチーム!たっぷり五分
  2. 補修、うるおい、色素定着トリートメント(髪と同じ18種類のアミノ酸、CMC、PPT配合)を塗布
  3. コラーゲンPPT、ケラチンPPTを混ぜた自然由来成分90%(ホホバオイルなど)の低アルカリのカラー剤を塗布
  4. たっぷり5分のナノスチーム後、発色トリートメント(ヘマチン、18種類のアミノ酸、CMC、PPT配合)を塗布
  5. ツヤコート流失防止トリートメント(18種類のアミノ酸、CMC、PPT配合)を塗布

新しい白髪染め の 水カラープロセス

頭皮エステをしながら白髪をそめる(大げさに言えば)

プロセス

  1. ナノスチーム!たっぷり五分
  2. カラー剤が頭皮に直接付かないように、頭皮に頭皮ケア、頭皮エイジングケア剤を塗布
  3. 補修、うるおい、色素定着トリートメント(髪と同じ18種類のアミノ酸、CMC、PPT配合)を塗布
  4. コラーゲンPPT、ケラチンPPTを混ぜた自然由来成分94%、アミノ酸12種類配合の肌に優しい、更に20%低アルカリのカラー剤を塗布
  5. たっぷり5分のナノスチーム後、発色トリートメント(ヘマチン、18種類のアミノ酸、CMC、PPT配合)を塗布
  6. ツヤコート流失防止トリートメント(18種類のアミノ酸、CMC、PPT配合)を塗布

肌にやさしい 低アルカリと 頭皮ケア、エイジングケアが
既存と違う

新しいカラー剤の売りの一つ 12種類のアミノ酸配合 は当店にとってはあまり売りになりませんでした。なぜなら当店は18年前から既にカラー剤にアミノ酸を十分に混ぜていたので!

髪に関しては既存プロセスで十分だと思います。

ちなみに合格点は60点だとして、新しいカラーが100点なら既存は95点位はいってると思います。

しかし、

残念ながら肌に対しては、低アルカリと頭皮ヘア、エイジングケア剤の部分が劣っていますので、新しいカラーが100点なら80点位な感じだと思います。

本当は既存のものも肌にやさしいが売り(パンフレットに記載あり)だったんですけどね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする