ヘアカラー(白髪染め)の種類と違いの説明

当店で取り扱っている白髪染めの種類は大筋で3種類

ヘアダイマニキュア香草カラーの3種類です。

さらに、ヘアダイは、おしゃれ染め白髪染め(グレイヘア用)の2種類です。

今回はその

おしゃれ染め、白髪染め、マニキュア、香草カラーの特徴を簡単に紹介します。




塗布方法の違い

ヘアダイ(おしゃれ染め、白髪染め)

地肌に付けて染めることができるので、根元からしっかり染めることができる。

マニキュア

地肌に付けることができないので、ヘアダイよりムラになるとされている。

しかし!長山も中村もマニキュアの塗布は得意なのでギリギリからしっかり塗ります!根元のムラは気にならないと思います。
肌にやさしいCOLORの塗布方法
地肌にカラー剤をつけないように塗る カラーを頻繁にやる方、肌が弱い方へ ちょっとしたご報告です。 ほとんどのお客様がされてる ...

香草カラー

地肌に付けて染めることができる。根元からしっかり染めることができる。

カラーの染まり方 の 違い

おしゃれ染め と 白髪染めの違い 8トーンのピンクの場合

  

白髪の染まりが違う

おしゃれ染め と 白髪染め の注目すべき違いは、白髪の染まりが、明らかに違います。

白髪染めは白髪が茶髪に変わっていることからわかるように茶色の色素がカラー剤に入っています。そのため、元黒髪と元白髪の違いがわからなくなり、白髪隠しの目的が達成出来るのが白髪染めです。

一方、おしゃれ染めは黒髪を対象にしたカラー剤なので、茶色の色素が入っていません。そのため、トーンの明るい薬だと、白髪にたいしてクリスタルな色味にしかならず、元黒髪と元白髪の差が埋まらない仕上がりになります。白髪隠しは失敗になります。しかし、あえて白髪の存在を残したハイライトのような仕上がりになるとも言えます。

<補足>おしゃれ染めでも白髪、金髪を濃い色にすることはできます。ただし、そのカラー剤では黒髪は明るくならないです。

共通のデメリット 髪のダメージ 肌トラブル

ヘアダイ(おしゃれ染め、白髪染め)はアルカリ性酸化染毛剤のため、3種類(ヘアダイ、マニキュア、香草カラー)の中で一番、髪にダメージを与えてしまいますし、肌にも刺激があります。

<当店の対策>

既にカラーをやっているリピート部分(毛先など)は、ダメージの少ない中性酸化染毛剤のヘアダイを使用しています。
薬剤はのメーカー中でも肌に優しいタイプ、低アルカリのヘアダイを使用しています。

肌に優しい白髪染め 新しいカラーの紹介
肌に優しい白髪染め 白髪も黒髪も茶色にできる白髪染め! 今回は白髪染めのお知らせです。 いつも使ってるカラーの会社から 肌に...

白髪染め と マニキュアの違い

 

マニキュアでは黒髪は明るくならない!色味が入っても変化がわかりずらい

白髪染め と マニキュアの注目すべき違いは、黒髪の変化が、明らかに違います。

白髪染めは元黒髪が茶髪に変わっているように、黒髪を脱色して茶髪にすることができます。よって仕上がりは、髪の毛全体が茶髪に統一されほぼ同じ色になり、白髪のない方がやっているおしゃれ染めの仕上がりと同じになります。

一方マニキュアは元黒髪は、ほぼ黒髪のままで、明るく茶髪にすることができないです。選択した色味によっては、元白髪と元黒髪の違いがでるため、いい意味でハイライトをしたような仕上がりになります。

マニキュアのメリット

マニキュアは、白髪や金髪に対しては黒から原色までご希望のの色味に染めることができます。白髪が多い方は色味をダメージなく楽しむことができます。

髪に艶がでて、肌のトラブルもほとんどないのがマニキュアです。

マニキュアは肌に付けない塗布方法をするため、肌トラブルはありません。しかし、地肌に付けたら話は別です。私が若い時、20年以上前、坊主の赤髪をしていた時、技術の浅い後輩にお願いして地肌にべったり塗らせたことがあります。めちゃめちゃ痛かったです。震えました。

マニキュアのデメリット 色落ち

ぬれている時、色が落ちます。以前に比べたらそのトラブルも気にならないレベルだと思いますが、衣類、タオルに色がついたりします。ただし、乾いている時は、なんの問題もないです。ぬれたらすぐ乾かしてください。

香草カラー と マニキュア

香草カラーとマニキュアの比較
香草カラー マニキュア
地肌に塗れる 塗れる(肌にやさしい) 塗れない(結果肌にやさしい)
黒髪 明るくならない 明るくならない
色の種類 少ない 豊富
時間 放置時間50分 放置時間20分
仕上がりの手触り ハリコシがでる しっとりなめらか
自然/化学 植物成分97% 化粧品/酸性染毛料
共通点 ノンジアミン、ノンオキシ、ノンアルカリ

当店の香草カラーはノンジアミン

当店にとっての香草カラーの位置づけは地肌から塗れるノンジアミンカラーです。よってジアミンが入っていたらなんの意味もありません。ジアミン入りの香草カラーを使うくらいなら肌にやさしいヘアダイやマニキュアを勧めます。

自然派のノンジアミンカラー  肌にやさしい 白髪染め の紹介
香草カラー 新しいカラーを導入しました。 当店のノンジアミン ノンアルカリカラーと言えば マニキュア!だけ でしたが 自...

     

香草カラーとマニキュアでは黒髪は明るくならない

香草カラーもマニキュアと同様で、黒髪を明るくすることはできません。

香草カラーは色数でマニキュアに劣る

香草カラーの色味はマニキュアで対応出来ます。しかし、マニキュアの色味は香草カラーでは対応できない色味もあります。

香草カラーのメリット

  • ノンジアミンなのでジアミンアレルギーの方にも使用できる
  • ノンアルカリ、ノンオキシで髪、肌にやさしい
  • 地肌から塗れるのでしっかり根元まで染まる

香草カラーのデメリット

  • 時間がかかる
  • 染まりづらい髪がある




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする