宅建試験 税法問題の出題予想(令和1年/令和元年)税法を捨てて勉強時間の短縮




令和元年の宅建士試験の税法は 印紙税、固定資産税が怪しい!

税法は近年必ず、2問出題されます。下の表の通り去年(H30年)は「不動産取得税」「登録免許税」が出題されました。一昨年(H29年)は「固定資産税」「所得税」が出題され、連続でかぶった問題はありませんでした。

宅建合格者は問題を予想した

H28年の宅建試験に一発で合格した妻がやった事は以下のような表を作って出題される問題を予想していました。

宅建不合格者は全部勉強した

一度目不合格の私は、妻の

「今年(H28年)は不動産取得税印紙税が出るから勉強しておいたはうがいいよ」

という予言のような助言を無視し、全部勉強したにもかかわらず、印紙税の問題を間違え、一点足らずの不合格でした。

経験から宅建の税法は捨てても受かる

2度目(H29年)は自分で問題を予想をし、予想が当たり「固定資産税」と「所得税」でした

しかし、税法は全滅、無得点でした。

勉強は時間の無駄になりました。

恐らく勉強時間は100時間位したので、試験合格だけを考えたら100時間の無駄になりました。

よって

税法を捨てても合格します!捨てれば勉強時間の短縮ができます!

税法は2問しか出ないのに範囲も広く、覚えることも多いので勉強時間が作れない方は捨ててもいいかな?と 経験上、私は思いました。

宅建独学 合格【勉強に要した時間】
宅建の勉強時間をネットで検索すると 250時間、300時間と書いてあります。 すごい方は3ヶ月で100時間とか書いてありますが ...
宅建独学 合格【私の本番の得点配分】
宅建は36点以上取ったら、合格確定! 宅建は前半の25問が難しく、後半は前半より少し簡単です。 宅建に合格した美容院...

過去10年間で出題された税法問題

今年(令和1年)令和元年は 「印紙税」「固定資産税」 が あやしい。

左が出る可能性が高い問題です。「印紙税」と「固定資産税」だけでも勉強しておいたら1点は取れるんじゃないかな?

と私は思います。

美しいくらい2年連続はないですね!


R元年の予想
印紙税 固定資産税 相続時清算課税の特例
出題される可能性が高い 出題される可能性が高い 法改正があったからそろそろ まだ
2年ぶり
4年ぶりだが1回 9年ぶり 去年でた 去年でた
H30年 不動産取得税 登録免許税
H29年 固定資産税 所得税
H28年 印紙税 不動産取得税
H27年 固定資産税 贈与税
H26年 不動産取得税 登録免許税
H25年 印紙税 固定資産税
H24年 譲渡所得税 不動産取得税
H23年 印紙税 固定資産税
H22年 相続時清算課税の特例 不動産取得税
H21年 印紙税 登録免許税
H20年 印紙税 固定資産税 所得税
H19年 相続時清算課税の特例 特定居住用財産の買換え特例 不動産取得税

去年の予想はこんな感じです

去年は、「不動産取得税」と「印紙税」「登録免許税」と予想して結果は「不動産取得税」「登録免許税」でした。

H30年予想 出題される可能性が高い 出題される可能性が高い そろそろ出題されそう 去年出たので微妙 去年出たので微妙 そろそろ出題されそう 3年ぶりに出題されるか! 9年出題されていない!
H29年 固定資産税 所得税
H28年 不動産取得税 印紙税
H27年 固定資産税 贈与税
H26年 不動産取得税 登録免許税
H25年 印紙税 固定資産税
H24年 不動産取得税 譲渡所得税
H23年 印紙税 固定資産税
H22年 不動産取得税 相続時清算課税の特例
H21年 印紙税 登録免許税
H20年 印紙税 固定資産税 所得税
H19年 不動産取得税 相続時清算課税の特例 特定居住用財産の買換え特例







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする