宅建過去問全選択肢正解文

宅建独学 過去問見直し用 平成20年度 全選択肢 正しい文章 (問40〜問42)

投稿日:2018年10月5日 更新日:




過去問バレ注意!
平成20年度の宅建試験の全選択肢を正解文にしてみた!
(問40〜問42)

点線の選択肢を修正しました。太文字が修正箇所です。

8つ規制

問40宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBと建物の売買契約を締結する場合に 関する次の記述は、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)及び民法の規定によれば、全て正しいものです
  1. Bが契約の履行に着手するまでにAが売買契約の解除をするには、手付の3倍に当たる額をBに償還しなければならないとの特約を定めることができる。
  2. Aの違約によりBが受け取る違約金を売買代金の額の 10 分の3とするとの特約を定めることができない。*10分の2まで
  3. Bから法第 37 条の2の規定に基づくいわゆるクーリング・オフによる売買契約の解除があった場合でも、Aが契約の履行に着手していても、AはBに対して、それに伴う損害賠償を請求することができない
  4. Aは、瑕疵担保責任を負うべき期間として、引渡しの日から2年で、かつ、Bが瑕疵を発見した時から 30 日以内とする特約を定めることはできない。*発見してから30日以内が無効のため特約自体が無効になり、「瑕疵を発見してから 1 年以内」が適用される。




8つ規制

問41宅地建物取引業者Aが自ら売主として、買主Bとの間で締結した売買契約に関して行う次に記述する行為 は、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定において全て正しいものです
  1. Aは、宅地建物取引業者でないBとの間で建築工事完了前の建物を 5,000 万円で販売する契約を締結し、法第 41 条に規定する手付金等の保全措置を講じずに、200 万円を手付金として受領した行為は違反しない
  2. Aは、宅地建物取引業者でないBとの間で建築工事が完了した建物を 5,000 万円で販売する契約を締結し、法第 41 条の2に規定する手付金等の保全措置を講じずに、当該建物の引渡し前に 700 万円を手付金として受領した行為は違反する
  3. Aは、宅地建物取引業者でないBとの間で建築工事完了前の建物を 1 億円で販売する契約を締結し、法第 41 条に規定する手付金等の保全措置を講じた上で、1,500 万円を手付金として受領した行為は違反しない
  4. Aは、宅地建物取引業者であるBとの間で建築工事が完了した建物を 1 億円で販売する契約を締結し、法第 41 条の2に規定する手付金等の保全措置を講じずに、当該建物の引渡し前に 2,500 万円を手付金として受領した行為は違反しない




標識 帳簿 名簿

問42次の記述は、宅地建物取引業法の規定によれば、全て正しいものです
  1. 宅地建物取引業者は、販売予定の戸建住宅の展示会を実施する際、会場で売買契約の締結や売買契約の申込みの受付を行わない場合であっても、当該会場内の公衆の見やすい場所に国土交通省令で定める標識を掲示しなければならない。
  2. 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、取引の関係者から請求があったときは、閲覧に供しなければならないようなことはない。閲覧させなくてよい。
  3. 宅地建物取引業者は、主たる事務所には、設置しているすべての事務所の従業者名簿を備える必要はな い。ただし、従たる事務所には、その事務所の従業者名簿を備えなければならない。
  4. 宅地建物取引業者は、その業務に従事させる者に、従業者証明書を携帯させなければならないが、その者が非常勤の役員や単に一時的に事務の補助をする者である場合には携帯をさせなくてもよいということはない。携帯をさせなければならない。










宅建試験の全選択肢を正解文にした問1〜問50




PDF/宅建試験の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

-宅建過去問全選択肢正解文
-

執筆者:

スポンサーリンク




HAIR newagetravellers ヘアー ニューエイジトラベラーズ

プロフィール
夫婦(長山/中村)で2001年にオープンした美容室ニューエイジトラベラーズのブログです。2010年に原宿から代々木に移転してきました。
二人とも
宅建士資格合格者(H28中村,H29長山)美容師です。
 

お問い合わせ
info@newagetravellers
通信講座