宅建過去問全選択肢正解文

宅建独学 過去問見直し用 平成20年度 全選択肢 正しい文章 (問37〜問39)

投稿日:2018年10月5日 更新日:




過去問バレ注意!
平成20年度の宅建試験の全選択肢を正解文にしてみた!
(問37〜問39)

点線の選択肢を修正しました。太文字が修正箇所です。

35条 重要事項

問37宅地建物取引業者Aが、マンションの分譲に際して行う宅地建物取引業法第 35 条の規定に基づく重要事項 の説明に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 当該マンションの建物又はその敷地の一部を特定の者にのみ使用を許す旨の規約の定めがある場合、A は、その内容だけでなく、その使用者の氏名及び住所について説明しなければならないとうなことはない。説明は不要。
  2. 建物の区分所有等に関する法律第 2 条第 4 項に規定する共用部分に関する規約がまだ案の段階である場合、Aは、規約の設定を待ってから、その内容を説明しなければならないようなことはない。案の段階である場合、案を説明すればよい。
  3. 当該マンションの建物の計画的な維持修繕のための費用の積立を行う旨の規約の定めがある場合、A は、その内容の説明だけでは足りず、既に積み立てられている額についても説明する必要がある。
  4. 当該マンションの建物の計画的な維持修繕のための費用を特定の者にのみ減免する旨の規約の定めがある場合、Aは、買主が当該減免対象者であるか否かにかかわらず、その内容を説明しなければならない。




禁止事項

問38次に記述する宅地建物取引業者Aが行う業務に関する行為は、宅地建物取引業法の規定において、全て正しいものです
  1. 宅地の売買の媒介において、当該宅地の周辺環境について買主の判断に重要な影響を及ぼす事実があったため、買主を現地に案内した際に、宅地建物取引士でないAの従業者が当該事実について説明した行為は違反しない
  2. 建物の貸借の媒介において、申込者が自己都合で申込みを撤回し賃貸借契約が成立しなかったため、Aは、既に受領していた預り金から媒介報酬に相当する金額を差し引いて、申込者に返還した行為は違反になる
  3. Aの従業者は、宅地の販売の勧誘に際し、買主に対して「この付近に鉄道の新駅ができる」と説明したが、実際には新駅設置計画は存在せず、当該従業者の思い込みであったことが判明し、契約の締結には至らなかったとしても違反になる
  4. Aは、自ら売主として、宅地の売却を行うに際し、買主が手付金 100 万円を用意していなかったため、後日支払うことを約して、手付金を 100 万円とする売買契約を締結した行為は違反になる




クーリング・オフ

問39宅地建物取引業者Aが、自ら売主となり、宅地建物取引業者でない買主との間で締結した宅地の売買契約 について、買主が宅地建物取引業法第 37 条の 2 の規定に基づき、いわゆるクーリング・オフによる契約 の解除をする場合に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 買主Bは自らの希望により勤務先で売買契約に関する説明を受けて買受けの申込みをし、その際にA からクーリング・オフについて何も告げられずに契約を締結した。この場合、Bは、当該契約の締結の日から 8 日を経過するまでは、契約の解除をすることはできない。
  2. 買主Cは喫茶店において買受けの申込みをし、その際にAからクーリング・オフについて何も告げられずに契約を締結した。この場合、Cは、当該契約の締結をした日の 10 日後においても、契約の解除をすることができる。
  3. 買主Dはレストランにおいて買受けの申込みをし、その際にAからクーリング・オフについて書面で告げられ、契約を締結した。この場合、Dは、当該契約の締結をした日の 5 日後においては、書面を発しなくても契約の解除をすることができるようなことはない。書面を発する必要がある。
  4. 買主 E はホテルのロビーにおいて買受けの申込みをし、その際にAからクーリング・オフについて書面で告げられ、契約を締結した。この場合、E は、当該宅地の代金の 80% を支払っていたが、当該契約の締結の日から 8 日を経過するまでは、契約の解除をすることができる。










宅建試験の全選択肢を正解文にした問1〜問50




PDF/宅建試験の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

-宅建過去問全選択肢正解文
-

執筆者:

スポンサーリンク




HAIR newagetravellers ヘアー ニューエイジトラベラーズ

プロフィール
夫婦(長山/中村)で2001年にオープンした美容室ニューエイジトラベラーズのブログです。2010年に原宿から代々木に移転してきました。
二人とも
宅建士資格合格者(H28中村,H29長山)美容師です。
 

お問い合わせ
info@newagetravellers
通信講座