宅建過去問全選択肢正解文

宅建独学 過去問見直し用 平成20年度 全選択肢 正しい文章 (問25〜問27)

投稿日:2018年10月5日 更新日:




過去問バレ注意!
平成20年度の宅建試験の全選択肢を正解文にしてみた!
(問25〜問27)

点線の選択肢を修正しました。太文字が修正箇所です。

その他法令

問25次の記述は、全て正しいものです
  1. 自然公園法によれば、風景地保護協定は、当該協定の公告がなされた後に当該協定の区域内の土地の所 有者となった者に対しても、その効力が及ぶ。
  2. 土壌汚染対策法によれば、形質変更時要届出区域が指定された際、当該区域内で既に土地の形質の変更 に着手している者は、その指定の日から起算して 14 日以内に、都道府県知事にその旨を届け出なければ ならない。
  3. 密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律によれば、防災再開発促進地区の区域内の一団 の土地において、土地の所有者が一者しか存在しなくても、市町村長の認可を受ければ避難経路協定を 定めることができ、当該協定はその認可の日から起算して3年以内において当該避難経路協定区域内の 土地に二者以上の土地所有者等が存することになったときから効力を有する
  4. 急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律によれば、傾斜度が 30 度以上である土地を急傾斜地と いい、急傾斜地崩壊危険区域内において、土石の集積を行おうとする者は、原則として都道府県知事の 許可を受けなければならない。




所得税法

問26所得税法に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 譲渡所得の長期・短期の区分について、総合課税とされる譲渡所得の基因となる機械の譲渡は、譲渡の あった日おいて所有期間が5年を超えているか否かで判定する。
  2. 譲渡所得の金額の計算上、資産の譲渡に係る総収入金額から控除する資産の取得費には、その資産の取 得時に支出した購入代金や購入手数料等の金額は含まれ、その資産の取得後に支出した設備費、改良 費の額も含まれる
  3. 総合課税の譲渡所得の特別控除額(50 万円)は、譲渡益のうちまず短期譲渡に該当する部分の金額から 控除し、なお控除しきれない特別控除額がある場合には、長期譲渡に該当する部分の金額から控除する。
  4. 個人に対して、譲渡所得の基因となる資産をその譲渡の時における価額の2分の1に満たない金額で譲 渡した場合において、その譲渡により生じた損失の金額については、譲渡所得の金額の計算上、なかっ たものとみなされる。




印紙税

問27印紙税に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 建物の賃貸借契約に際して敷金を受け取り、「敷金として 20 万円を領収し、当該敷金は賃借人が退去す る際に全額返還する」旨を記載した敷金の領収証を作成した場合でも、印紙税は課税される
  2. 土地譲渡契約書に課税される印紙税を納付するため当該契約書に印紙をはり付けた場合には、課税文書 と印紙の彩絞とにかけて判明に消印しなければならない。その場合、契約当事者の代理人又は従業者の 印章又は署名で消印しても、消印をしたことになる
  3. 当初作成の「土地を1億円で譲渡する」旨を記載した土地譲渡契約書の契約金額を変更するために作成 する契約書で、「当初の契約書の契約金額を 2,000 万円減額し、8,000 万円とする」旨を記載した変更 契約書は、契約金額を減額するものでも、印紙税は課税される
  4. 国を売主、株式会社A社を買主とする土地の譲渡契約において、双方が署名押印して共同で土地譲渡 契約書を2通作成し、国とA社がそれぞれ1通ずつ保存することとした場合、A社が保存する契約書に は印紙税は課税されない。










宅建試験の全選択肢を正解文にした問1〜問50




PDF/宅建試験の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

-宅建過去問全選択肢正解文
-

執筆者:

スポンサーリンク




HAIR newagetravellers ヘアー ニューエイジトラベラーズ

プロフィール
夫婦(長山/中村)で2001年にオープンした美容室ニューエイジトラベラーズのブログです。2010年に原宿から代々木に移転してきました。
二人とも
宅建士資格合格者(H28中村,H29長山)美容師です。
 

お問い合わせ
info@newagetravellers
通信講座