宅建過去問全選択肢正解文

宅建独学 過去問見直し用 平成20年度 全選択肢 正しい文章 (問4〜問6)

投稿日:




過去問バレ注意!
平成20年度の宅建試験の全選択肢を正解文にしてみた!
(問4〜問6)

点線の選択肢を修正しました。太文字が修正箇所です。

抵当権

問4Aは、Bから借り入れた 2,000 万円の担保として抵当権が設定されている甲建物を所有しており、抵当権設 定の後である平成 20 年 4 月 1 日に、甲建物を賃借人Cに対して賃貸した。Cは甲建物に住んでいるが、賃 借権の登記はされていない。この場合に関する次の記述は、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、全て正しいものです
  1. AがBに対する借入金の返済につき債務不履行となった場合、Bは抵当権の実行を申し立てて、AのCに 対する賃料債権に物上代位することはできる。しかし、AC間の建物賃貸借契約を解除することはできない
  2. 抵当権が実行されて、Dが甲建物の新たな所有者となった場合でも、Cは民法第 602 条に規定されている 短期賃貸借期間(3年)の限度で、Dに対して甲建物を賃借する権利があると主張することはできない*平成 16 年 4 月 1 日に民法 395 条の改正により、この短期賃貸借保護制度が廃止されました。
  3. AがEからさらに 1,000 万円を借り入れる場合、甲建物の担保価値が 1,500 万円だとしても、甲建物 に抵当権を設定して、EがBに優先して甲建物から債権全額の回収を図る方法はある。(順位の譲渡など)
  4. Aが借入金の返済のために甲建物をFに任意に売却してFが新たな所有者となった場合であっても、C は、FはAC間の賃貸借契約を承継したとして、Fに対して甲建物を賃借する権利があると主張すること ができる。




詐害行為取消権

問5Aは、Bに対する債権者であるが、Bが債務超過の状態にあるにもかかわらずB所有の甲土地をCに売却し所 有権移転登記を経たので、民法第 424 条に基づく詐害行為取消権(以下この問において「取消権」という。) の行使を考えている。この場合に関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、全て正しいものです
  1. 対象となる詐害行為が行われた時点において、AのBに対する債権が、発生済みでかつ履行期が到来して いる場合でなくても、Aは取消権を行使できる
  2. Cが甲土地の購入時においてこの購入がBの債権者を害すべきことを知らなかったとしても、Bが売却時 においてこの売却がBの債権者を害することを意図していた場合は、Aは取消権を行使できない
  3. Bが甲土地の売却においてCから相当の対価を取得するときでも、Aは取消権を行使できる
  4. Aが取消権を行使できる場合でも、AはCに、直接自分に対して甲土地の所有権移転登記をするよう求め
    ることはできない。




連帯保証 連帯債務

問6AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して 1,000 万円を借り入れる場合と、DからEが 1,000 万円 を借り入れ、Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述は、民法の規定によれば、全て正しいものです
  1. Aが、Bに対して債務を免除した場合にはCが、Cに対して債務を免除した場合にはBが、それぞれ 500 万円分の債務を免れる。Dが、Eに対して債務を免除した場合にはFが、Fに対して債務を免除した 場合には F だけが、債務を免れる。
  2. Aが、Bに対して履行を請求した効果はCに及び、Cに対して履行を請求した効果はBに及ぶ。Dが、Eに 対して履行を請求した効果はFに及び、Fに対して履行を請求した効果はEに及ぶ。
  3. Bについて時効が完成した場合にはCが、Cについて時効が完成した場合にはBが、それぞれ 500 万円 分の債務を免れる。Eについて時効が完成した場合にはFが、Fについて時効が完成した場合には F だけが、債務を免れる。
  4. AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ 1,000 万円の債務を負う。DE間の契約が無効であった場合はFの契約も無効。DF間の契約が無効であ った場合はEは保証人無しの 1,000 万円の債務を負う










宅建試験の全選択肢を正解文にした問1〜問50




PDF/宅建試験の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

-宅建過去問全選択肢正解文
-

執筆者:

スポンサーリンク




HAIR newagetravellers ヘアー ニューエイジトラベラーズ

プロフィール
夫婦(長山/中村)で2001年にオープンした美容室ニューエイジトラベラーズのブログです。2010年に原宿から代々木に移転してきました。
二人とも
宅建士資格合格者(H28中村,H29長山)美容師です。
 

お問い合わせ
info@newagetravellers
通信講座