宅建過去問全選択肢正解文

宅建独学 過去問見直し用 平成25年度 全選択肢 正しい文章 (問25〜問27)

投稿日:

全問正解を作った訳
※過去問をやっていない方は見ないでください過去問バレ注意!

試験一ヶ月前に勉強をしていて、何回も同じ過去問をやっている時、もう時間がない!仕事で疲れて問題を解く気力がない、間違いの選択肢を解答で確認するのも面倒くさい。間違いの選択肢を読む時間があったら
全文、正解だけ、正しい選択肢だけを読みたい!
そういうのがないか、検索してもなかったので試験中は作れませんでしたが合格して時間ができたので私が作ってみました。
「それって、教科書で十分でしょ!」
とも思いましたが、あったら便利?もしかしたら使ってくださる方もいるかな!と思って作ってみました。

平成25年度の過去問を何度もやった方に見てほしいです。まだ平成25年度の過去問をやっていない方は見ないでください!!

宅建試験の全選択肢を正解文にした問1〜問50




PDF/宅建試験の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

平成25年度の宅建試験の全選択肢を正解文にしてみた!
(問25〜問27)

点線の選択肢を修正しました。太文字が修正箇所です。

地価公示法

問25地価公示法に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 地価公示法の目的は、都市及びその周辺の地域等において、標準地を選定し、その正常な価格を公示することにより、適正な地価の形成に寄与することである。
  2. 標準地は、土地鑑定委員会が、自然的及び社会的条件からみて類似の利用価値を有すると認められる地域において、土地の利用状況、環境等が通常と認められ、かつ、当該土地の使用又は収益を制限する権利が存していても、ないものと仮定して、公示価格を算出する。
  3. 公示価格を規準とするとは、対象土地の価格を求めるに際して、当該対象土地とこれに類似する利用価値を有すると認められる1又は2以上の標準地との位置、地積、環境等の土地の客観的価値に作用する諸要因についての比較を行い、その結果に基づき、当該標準地の公示価格と当該対象土地の価格との間に均衡を保たせることをいう。
  4. 不動産鑑定士は、土地鑑定委員会の求めに応じて標準地の鑑定評価を行うに当たっては、近傍類地の取引価格から算定される推定の価格、近傍類地の地代等から算定される推定の価格又は同等の効用を有する土地の造成に要する推定の費用の額を勘案してこれを行わなければならない




免許の基準

問26 宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述は、宅地建物取引業法の 規定によれば、全て正しいものです
  1. 宅地建物取引業者A社の代表取締役が、道路交通法違反により罰金の刑に処せられたとしても、A社の免許は取り消されることはない。
  2. 宅地建物取引業者B社の使用人であって、B社の宅地建物取引業を行う支店の代表者が、刑法第 222 条(脅迫)の罪により罰金の刑に処せられた場合、B社の免許は取り消される
  3. 宅地建物取引業者C社の非常勤役員が、刑法第 208 条の3(凶器準備集合及び結集)の罪により罰金の刑に処せられた場合、C社の免許は取り消される
  4. 宅地建物取引業者D社の代表取締役が、法人税法違反により懲役の刑に処せられた場合、執行猶予が付されたとしても、D社の免許は取り消される




営業保証金

問27 宅地建物取引業者の営業保証金に関する次の記述は、宅地建物取引業法(以下この問において「法」とい う。)の規定によれば、全て正しいものです
  1. 宅地建物取引業者は、不正の手段により法第3条第 1 項の免許を受けたことを理由に免許を取り消された場合であっても、営業保証金を取り戻すことができる。
  2. 信託業法第3条の免許を受けた信託会社で宅地建物取引業を営むものは、国土交通大臣の免許を受けた宅地建物取引業者とみなされるが、営業保証金を供託した旨の届出を国土交通大臣に行わない場合でも、国土交通大臣から免許を取り消されることはない。
  3. 宅地建物取引業者は、本店を移転したためその最寄りの供託所が変更した場合、国債証券をもって営業保証金を供託しているときは、本店の移転先の最寄りの供託所に、新たに供託した後、従前の本店の最寄りの供託所に対し、営業保証金を取り戻す手続をする。
  4. 宅地建物取引業者は、その免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事から、営業保証金の額が政令で定める額に不足することとなった旨の通知を受けたときは、供託額の不足の通知を受けた日から2週間以内に、その不足額を供託しなければならない。










-宅建過去問全選択肢正解文
-

執筆者:

スポンサーリンク







HAIR newagetravellers ヘアー ニューエイジトラベラーズ

プロフィール
夫婦(長山/中村)で2001年にオープンした美容室ニューエイジトラベラーズのブログです。2010年に原宿から代々木に移転してきました。
二人とも
宅建士資格合格者(H28中村,H29長山)美容師です。

ホームページ
newagetravellers.com
お問い合わせ
info@newagetravellers
通信講座