宅建過去問全選択肢正解文

宅建独学 過去問見直し用 平成25年度 全選択肢 正しい文章 (問7〜問9)

投稿日:2018年5月24日 更新日:




過去問バレ注意!
平成25年度の宅建試験の全選択肢を正解文にしてみた!
(問5〜問7)

点線の選択肢を修正しました。太文字が修正箇所です。

判決文

問7次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば、全て正しいものです
(判決文) 期間の定めのある建物の賃貸借において、賃借人のために保証人が賃貸人との間で保証契約を締結した場 合には、反対の趣旨をうかがわせるような特段の事情のない限り、保証人が更新後の賃貸借から生ずる 賃借人の債務についても保証の責めを負う趣旨で合意がされたものと解するのが相当であり、保証人は、賃 貸人において保証債務の履行を請求することが信義則に反すると認められる場合を除き、更新後の賃貸借か ら生ずる賃借人の債務についても保証の責めを免れないというべきである。
  1. 保証人が期間の定めのある建物の賃貸借の賃借人のために保証契約を締結した場合は、賃貸借契約の 更新の際に賃貸人から保証意思の確認がなされていなくても、反対の趣旨をうかがわせるような特段の 事情がない限り、更新後の賃借人の債務について保証する旨を合意したものと解される。
  2. 期間の定めのある建物の賃貸借の賃借人のための保証人が更新後の賃借人の債務についても保証の責任 を負う趣旨で合意した場合には、賃借人の未払賃料が 1 年分に及んだとしても、賃貸人が保証債務の 履行を請求することが信義則に反すると認められる事情がなければ、保証人は当該金額の支払義務を負う。
  3. 期間の定めのある建物の賃貸借の賃借人のための保証人が更新後の賃借人の債務についても保証の責任 を負う場合、更新後の未払賃料について保証人の責任は及び、更新後賃借人が賃借している 建物を故意又は過失によって損傷させた場合の損害賠償債務についても保証人の責任は及ぶ
  4. 期間の定めのある建物の賃貸借の賃借人のための保証人が更新後の賃借人の債務についても保証の責任 を負う旨の合意をしたものと解される場合であって、賃貸人において保証債務の履行を請求することが 信義則に反すると認められるときには、保証人は更新後の賃借人の債務について保証の責任を負わない。




賃貸借

問8次の記述は、民法の規定及び判例によれば、全て正しいものです
  1. 倒壊しそうなA所有の建物や工作物について、Aが倒壊防止の措置をとらないため、Aの隣に住むBがAのために最小限度の緊急措置をとった場合、Aの承諾がないとしても、Bはその費用をAに請求することができる
  2. 建物所有を目的とする借地人は、特段の事情がない限り、建物建築時に土地に石垣や擁壁の設置、盛土や杭打ち等の変形加工をするには、必ず賃貸人の承諾を得なければならないわけではない
  3. 建物の賃貸人が必要な修繕義務を履行しない場合、賃借人は目的物の使用収益が妨げられた割合によって賃料の一部の支払いを拒絶することができる。
  4. 建物の賃貸人が賃貸物の保存に必要な修繕をする場合、賃借人は修繕工事のため使用収益に支障が生じても、これを拒むことはできない。




損害賠償

問9Aに雇用されているBが、勤務中にA所有の乗用車を運転し、営業活動のため顧客Cを同乗させている途 中で、Dが運転していたD所有の乗用車と正面衝突した(なお、事故についてはBとDに過失がある。) 場合における次の記述は、民法の規定及び判例によれば、全て正しいものです
  1. Aは、Cに対して事故によって受けたCの損害の全額を賠償した。この場合、Aは、BとDの過失割合に従って、Dに対して求償権を行使することができる。
  2. Aは、Dに対して事故によって受けたDの損害の全額を賠償した。この場合、Aは、被用者であるBに対して求償権を行使することができる
  3. 事故によって損害を受けたCは、AとBに対して損害賠償を請求することはでき、Dに対しても損害賠償を請求することができる
  4. 事故によって損害を受けたDは、Aに対して損害賠償を請求することはでき、Bに対しても損害賠償を請求することができる










宅建試験の全選択肢を正解文にした問1〜問50




PDF/宅建試験の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

-宅建過去問全選択肢正解文
-

執筆者:

スポンサーリンク




HAIR newagetravellers ヘアー ニューエイジトラベラーズ

プロフィール
夫婦(長山/中村)で2001年にオープンした美容室ニューエイジトラベラーズのブログです。2010年に原宿から代々木に移転してきました。
二人とも
宅建士資格合格者(H28中村,H29長山)美容師です。
 

お問い合わせ
info@newagetravellers
通信講座