第32回美容師国家試験筆記 過去問見直し用 全選択肢 正しい文章(26問〜50問)




美容師国家試験の筆記問題を全問正解にしてみた!を試しに作ってみました
※過去問をやっていない方は見ないでください過去問バレ注意!

第32回美容師国家試験(筆記問題)見直し用
まだ過去問をやっていない方は見ないでください!!
点線太文字が修正箇所です。

第32回美容師国家試験(筆記問題)の過去問を何度もやった方に見てほしいです。まだ第32回美容師国家試験(筆記問題)の過去問をやっていない方は見ないでください!!

第32回美容師国家試験(筆記問題)の過去問の全選択肢を正解文にした問1〜問50

PDF/第32回美容師国家試験(筆記問題)の過去問の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

修正箇所はコチラからご覧いただけます。

第32回美容師国家試験(筆記問題)の全選択肢を正解文にしてみた!
(問26〜問50)

皮膚科学

問題26皮膚の構造に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 角化細胞は、表面より角質層、透明層、顆粒層、有棘層、基底層の5つの細胞層からなる。
  2. 色素細胞が生成するものはメラニンである。
  3. ランゲルハンス細胞は、免疫に関与する細胞である。
  4. 真皮の線維成分は、コラーゲンというタンパク質からできた弾性線維がその大部分を占める。
問題27皮膚付属器官に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 毛は、その中心部から順に毛髄質、毛皮質、毛小皮の3層からなる。
  2. 頭毛には生長期、退行期、休止期という生長周期がある。
  3. 健康な成人の頭毛では、全体の 85 ~ 90%が成長期である。*休止期は 9 ~ 14%
  4. 爪には、生長周期がなく、絶えず生長を続けている。
問題28皮膚と皮膚付属器官の生理機能に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 脂肪膜(皮脂膜)と角質層のケラチンには、外的化学的刺激に対する保護作用がある。
  2. 経皮吸収には、表皮経路と皮膚付属器官経路の2つの経路がある。
  3. 皮膚描記症は、蕁麻疹の出やすい人では、その反応は強く起こる。
  4. 皮膚で体温調節を積極的に行っているのは汗腺である。
問題29皮膚及び皮膚付属器官の保健に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 荒れ性の皮膚では、角質層の水分量が減少している。
  2. 乾性のフケ症の人は、シャンプーをしすぎないようにすることが重要である。
  3. 皮膚の分泌作用や新陳代謝は、加齢に伴って低下する。
  4. 紫外線は、尋常性痤瘡(ニキビ)や円形脱毛症の原因ではない。
問題30皮膚疾患と関連の深い因子に関する次の組合せは、正しいものです
  1. 肝斑(シミ) ─── ホルモンのバランス
  2. せつ ─── 細菌(化膿菌)
  3. 単純性疱疹(単純性ヘルペス) ─── 単純性疱疹ウイルス
  4. 尋常性毛瘡(カミソリカブレ) ─── 化膿菌

美容の物理・化学

問題31下図はてこを表し、点Aは作用点を、点Bは力点を示している。点Aと点Bの力の関係についての記述は正しいものです。
  1. 作用点Aにかかる力は、力点Bにかける力の 5 倍である。
問題32100 ボルトの電圧で、消費電力 1200 ワットのヘアドライヤーを使用したとき、流れている電流の値は、12 アンペアです
  1. 電流=電力 / 電圧 1200/100=「12A」
問題33酸と塩基に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 赤色リトマス紙は、塩基性溶液では赤から青に変わります。
  2. 塩基性溶液の pH は7より大きい
  3. 酢酸は弱酸である。
  4. 硝酸は無機酸である。
問題34天然高分子化合物とその分類に関する正しい組合せです。
  1. ヘモグロビン ─── 複合タンパク質
  2. コラーゲン ─── 単純タンパク質
  3. ケラチン ─── 硬タンパク質
  4. セルロース ─── 不溶性タンパク質
問題35硬水と軟水に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 軟水とは、カルシウムイオンやマグネシウムイオンをあまり含まない硬度の低い水をいう。
  2. 硬水中では、石けんがよく泡立たない、効果的な洗浄作用を発揮しない
  3. 一時硬水は、煮沸すると軟化する。
  4. 永久硬水とは、カルシウムイオンやマグネシウムイオンが硫酸塩などとして含まれる水をいう。

【感染症】

問題36金属とさびに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 金は、鉄に比べて化学的に不活発でさびにくい。
  2. 特殊鋼は、さびにくくするために鋼に他の成分を混ぜて作られた合金である。
  3. 金属のさびを防ぐためには、乾燥した場所での保存、めっきなどの方法がある。
  4. 鉄の黒さびは、質がち密で内部を保護する働きがある。
問題37香粧品に配合される成分とその主な配合目的に関する次の組合せは、全て正しいものです。
  1. ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム) ─── 殺菌剤
  2. ベンゾフェノン誘導体 ─── 紫外線吸収剤
  3. ヒアルロン酸ナトリウム ─── 保湿剤
  4. パラオキシ安息香酸エステル ─── 防腐剤
問題38石けんに関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 石けんは、界面活性剤の一種である。
  2. 石けんは、油脂をアルカリで加水分解して作る。
  3. 軟質石けんは、水酸化カリウムを用いて作る。
  4. 透明石けんは、枠練石けんである。
問題39パーマネントウェーブ用剤第1剤(1液)に含まれる還元剤は、チオグリコール酸です。
  1. シスチン *シスチンはケラチンに多く含まれる分子、システインは第1剤
  2. チオグリコール酸
  3. 臭素酸ナトリウム *第 2 剤
  4. 過酸化水素 *第 2 剤
問題40染毛剤に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 酸化染毛剤は、1回のシャンプーで除去されることはない。
  2. 染料中間体をカップラーとともに用いると、様々な色調に染毛できる。
  3. ヘアブリーチ剤は、毛髪に含まれるメラニンを酸化して分解する。
  4. 一時着色料は、法定色素等を毛髪の表面に付着させて着色する。

美容理論

問題41次の記述は、正しい文章です
  1. 「頭部の基準となるゴールデンポイントは、( トップポイント )を通る水平線と( バックポイント ) を通る垂直線が交差するところから頭皮に( 90 度 )に下ろした( 正中線 )上の点である。」
問題42シザーズに関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. シザーズは、開閉したときに交点での接触圧が均等であるものがよい。
  2. アールシザーズは、刃が弓なりに反っているので、フロントなどの細かい部分の修整に適している。
  3. セニングシザーズは、毛髪の分量をほどよく整えるために用いる。
  4. 小指掛のあるシザーズでは、小指掛のあるほうの刃が静刃となる。
問題43トリートメントに関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. プレトリートメントは、パーマネントウェーブやヘアカラーの施術前に行い、毛髪を保護して損傷の 拡大を防ぐ。
  2. オイリースキャルプトリートメントは、頭皮の皮脂分泌が過剰な場合に行う。
  3. PPT トリートメントは、親水性の高いポリペプチドを用いており、毛髪の損傷補修作用に優れている。
  4. オイルトリートメントは、加温して用いることにより浸透が促進され、油分が補われる。
問題44下図はストロークカットのシザーズの刃先の動きを表したものであるが、この技法に該当するものはミディアムストロークカットです。

問題45パーマネントウェーブ技術のテストカールに関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. テストカールは、第1剤(1液)がどの程度毛髪に作用しているかを調べる。
  2. ウェーブの大小は、ロッドの太さによって決まる。
  3. オーバータイムの場合は、カール径がロッドの 2.5 倍以下となり、毛髪は弾力性を失う。
  4. 水巻きの場合は、パーマがかかりやすいのでテストカールを行う必要がないということはない。テストカールは必ず行う。
問題46下図はカールの巻かれる方向を表したものである。カールの名称として正しいものの組合です。

  1. フォワードカール *耳介に沿って巻かれるカール
  2. クロックワイズワインドカール *毛髪が右巻きに巻かれたカール
問題47ヘアカラーリングの毛髪チェックに関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 毛質、新生部と既染部の割合、頭皮の状態等をチェックする。
  2. ドライヘアでチェックする。
  3. 毛髪の明るさのレベルチェックをする。
  4. 白髪の量に応じてそのカバー色が変わるので、白髪の割合をチェックする。
問題48フェイシャルパックに関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. フェイシャルパックは、フェイシャルマッサージのに行うとより効果的である。
  2. ピールオフタイプのパック剤は、直接肌にペーストを塗り、汚れや古い角質を剝がしとるものである。*時間短縮ではない。
  3. ウォッシュオフタイプのパック剤は、放置後、スポンジなどでパック剤をやわらかくふきとる。
  4. パック後、化粧水などで保湿をし、最後に美容液や乳液などを用いて肌を整える。
問題49ファンデーションの種類と特徴に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. ケーキタイプは、粉末状のファンデーションを固めたもので汗などに強く、カバー力と耐久力がある。
  2. リキッドタイプは、乳液状で油分が少なく、カバー力が弱い。
  3. プレストパウダータイプは、油分が少なく、カバー力が弱い
  4. スティックタイプは、カバー力と耐久力が強い
問題50日本髪に用いる装飾品に該当するしないについて、正しいものです
  1. 筥迫(はこせこ)は、和服の装飾品の一種です。
  2. 飾串(かざりぐし)は、日本髪に用いる装飾品です。
  3. 笄(こうがい)は、日本髪に用いる装飾品です。
  4. 手絡(てがら)は、日本髪に用いる装飾品です。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする