第35回美容師国家試験筆記 過去問見直し用 全選択肢 正しい文章(26問〜50問)




美容師国家試験の筆記問題を全問正解にしてみた!を試しに作ってみました
※過去問をやっていない方は見ないでください過去問バレ注意!

第35回美容師国家試験(筆記問題)見直し用
まだ過去問をやっていない方は見ないでください!!
点線太文字が修正箇所です。
【全選択肢正解文を作った訳】
平成29年に、宅建士試験に挑戦した時の試験一ヶ月前に勉強をしていて、何回も同じ過去問をやっている時、もう時間がない!仕事で疲れて問題を解く気力がない、間違いの選択肢を解答で確認するのも面倒くさい。間違いの選択肢を読む時間があったら
全文、正解だけ、正しい選択肢だけを読みたい!
そういうのがないか、検索してもなかったので宅建の試験中は作れませんでしたが合格して時間ができたので私が作ってみました。
「それって、教科書で十分でしょ!」
とも思いましたが、あったら便利?もしかしたら使ってくださる方もいるかな!と思って宅建の過去問全選択肢正解文を10年分作ってみました。
しかし、アクセスは伸びず、需要はないようです。そんな時、本業の美容師の国家試験(筆記)の全選択肢正解文をつくったら私のブログの中ではアクセスが多い記事になったので、今回追加で5回分作ってみました。

第35回美容師国家試験(筆記問題)の過去問を何度もやった方に見てほしいです。まだ第35回美容師国家試験(筆記問題)の過去問をやっていない方は見ないでください!!

第35回美容師国家試験(筆記問題)の過去問の全選択肢を正解文にした問1〜問50

PDF/第35回美容師国家試験(筆記問題)の過去問の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

修正箇所はコチラからご覧いただけます。

第35回美容師国家試験(筆記問題)の全選択肢を正解文にしてみた!
(問26〜問50)

皮膚科学

問題26皮膚の構造に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 表皮の角化細胞は、ケラチンというタンパク質でつくる細胞系列である。
  2. 表皮の色素細胞は、皮膚の色素であるメラニンをつくる細胞である。
  3. 真皮には、コラーゲンからできた膠原線維とエラスチンからなる弾性線維が混じって走っている。
  4. 皮下組織の脂肪は、脂肪細胞がつくり、その細胞内に蓄えられる。
問題27皮膚付属器官に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 健康な成人の頭毛では成長期(生長期)が長く、休止期が短いのが特徴である。
  2. 毛は、中心から外に向かって毛髄質、毛皮質、毛小皮の3層からなっている。
  3. 脂腺の数は、頭毛の生えている部位や額、眉間などに多い。
  4. 毛は、皮膚表面に出ている部分を毛幹、皮膚の内部にある部分を毛根という。
問題28皮膚と皮膚付属器官の生理機能に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 皮膚では、日光中の紫外線の照射によってビタミンDがつくられる。
  2. 頭毛は、頭の皮膚に対する有害な機械的刺激を防いでいる。
  3. 皮膚の表面には、汗と皮脂が混じり合った弱酸性を示す脂肪膜(皮脂膜)がある。
  4. 皮膚で体温調節を積極的に行っているのは毛細血管と汗腺である。
問題29皮膚と皮膚付属器官の保健に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 成人は、加齢とともに皮膚の分泌作用や新陳代謝が低下する。
  2. 高齢期になると脂腺の働きが衰え、皮脂の分泌が減少する。
  3. 油性のフケ症の人は、よくシャンプーして汚れやフケを落とすことが大切である。
  4. 脂腺から分泌される皮脂は、毛の水分が失われることを防ぎ、光沢としなやかさを保っている。
問題30皮膚疾患に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 接触皮膚炎(カブレ)では、原因となった化学物質や薬物などが、再び皮膚に触れないようにすることが重要である。
  2. 頭部白癬(シラクモ)は、真菌(カビ)による感染症である。
  3. 尋常性痤瘡(ニキビ)は、性ホルモンの中で男性ホルモン(アンドロゲン)がその発生の重要な原因である。
  4. 伝染性膿痂疹(トビヒ)は、化膿菌による感染症で、高齢者がかかりやすい。

美容の物理・化学

問題31毛髪を切断する時に生じる力について、正しい文章です
  1. 「鋏で毛髪を切断するとき、図1のように毛髪の切断面に並行で反対向きの2つの外力が加えられ ( ずれ )の変形が起こる。この外力に抵抗して切断面に平行に反対向きの( 剪断応力 )が生じる。 次に図2のように毛髪の内部に侵入した刃は( くさび )の原理によって毛髪を押し開き、切り進む。」

問題32水の加熱に関する正しい文章です
  1. 「アルミニウムのやかんに入れた水を加熱すると、やかんはすぐ熱くなるが、水はなかなか温まらない。 これは水の比熱がアルミニウムより( 大きい )ためである。加熱を続けると、水面からの蒸発が盛ん になる。さらに加熱すると、やがて内部からも水蒸気が発生し、気泡となって水中から出ていく 現象を( 沸騰 )という。この現象が続いている間も加熱を続けたとき、温度は( 変わらない )。」
問題33ヘアドライヤーの仕組みについて正しい文章です
  1. 「ヘアドライヤーは、発熱体と( モーター ) の両方が働いて熱風を送る構造で、( 磁石 )の熱作 用と( 摩擦 )作用を利用している。」
問題34有機化合物に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. エタノールは、化粧品への配合が禁止されていない
  2. 油脂は、フェノールと脂肪酸が結合した物質である。
  3. 高分子化合物のポリビニルピロリドンは、非イオン性の水溶性ポリマーできている。
  4. タール色素のうち有機顔料は水に溶けにくい。
問題35界面活性剤に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 界面活性剤は、臨界ミセル濃度(cmc)より高い濃度の方が洗浄力が高い。
  2. 互いに混合しない油と水のような 2 液を混ぜて微粒子状に均一に分散させることを乳化という。
  3. 石けんは、陰イオン界面活性剤である。
  4. 陰イオン界面活性剤には、疎水基と親水基の部分があり、水に溶けたときに、親水基の部分が陰イオンに電離する界面活性剤で、石けん、合成洗剤やシャンプーなどがある。
問題36パーマ剤(パーマネント・ウェーブ用剤)に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. パーマ剤に使用されているシステインは、還元剤である。
  2. パーマ剤に使用されている臭素酸ナトリウムは、酸化剤である。
  3. パーマ剤に使用されているモノエタノールアミンは、アルカリ剤である。
  4. パーマ剤に使用されているチオグリコール酸は、還元剤である。
問題37酸化染毛剤に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 酸化染毛剤は、シャンプーのたびに染料が流出するようなことはない
  2. 酸化染毛剤には、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料が有効成分として用いられる。
  3. 酸化染毛剤は、法律により医薬部外品に分類されている。
  4. 酸化染毛剤の使用に当たっては、毎回必ずパッチテストを行う。
問題38ヘアリンス剤に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. ヘアリンス剤に用いられる第四級アンモニウム塩には、帯電防止効果がある。
  2. ヘアリンス剤に用いられる第四級アンモニウム塩は、陽イオン ( カチオン)界面活性剤である。
  3. 酸性リンス剤は、アルカリ薬剤の使用後に用いられる。
  4. ジンクピリチオンは、細菌に対する抗菌作用がある成分である。
問題39ヘアスタイリング剤に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. エアゾールタイプのヘアスタイリング剤に噴射剤として配合されるのは、液化石油ガスである。
  2. ヘアスタイリング剤に配合されるアクリル樹脂アルカノールアミン液は、皮膜形成剤である。
  3. ヘアスタイリング剤のセット力の違いは、皮膜形成剤の配合量による。
  4. ヘアクリームは、油性原料と水を乳化させたエマルジョン型のヘアスタイリング剤である。
問題40紫外線とサンケア製品に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. UVA は UVB より波長が長い
  2. UVA はメラニンを徐々に増加させて肌の色を黒化する。
  3. サンタン製品は、UVB を吸収する紫外線吸収剤のみを配合し、UVA は透過する。
  4. PA の表示は、+が多いほど UVA の防御効果が高い。

美容理論

問題41美容用語とその説明に関する次の組合せは、全て正しいものです
  1. フロントライン ─── 額の生え際
  2. ゴールデンポイント ── あごと両耳の上を結んだ頭のセンターラインと交わるところ
  3. サイドライン ───── 髪の生え際
  4. ヘムライン ────── デザインによってできた毛髪と顔や首との境
問題42ブラシに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 毛払いブラシは、柔らかいものがよい
  2. ネイルブラシは、自爪を削った際に出るカスを払う際に使います
  3. メイクアップ用ブラシの板刷毛は、舞台化粧や花嫁・舞妓の化粧に用いられる。
  4. ヘアブラッシング用ブラシは、硬くてしっかりしたものがよい
問題43ヘアトリートメント技術に関する次の記述は、スクランチに該当するものです
  1. ストランドを軽く持ち上げ、ウェーブヘアーのカールを壊さないように、ゆっくりにぎるようになじませ
    る。
問題44ヘアカッティングのパネルに関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. ワンレングスカットは、1つの同じ長さを意味し、基本は水平ラインに切りそろえられたものをいう。
  2. グラデーションカットは、アップステムでパネルをシェープするため、頭部の形がそのままヘアスタイルのシルエットになる
  3. レイヤーカットは、ダウンステムでパネルをシェープするため、トップショートのロングエンドになる
  4. セイムレングスカットは、オンベースでパネルをシェープするため、ショートスタイルに多く用いられる。
問題45パーマネントウェーブに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 第1剤は、パーマネントウェーブのかかりにくい部分から塗布する。
  2. 第1剤がどの程度毛髪に作用しているかを調べることをテストカールという。
  3. 中間リンスの目的は、第1剤を洗い流して、第2剤のはたらきを効果的にすることである。
  4. 第2剤の酸化作用によりウェーブが固定される。
問題46ヘアセッティングに関する次の記述は、。
  1. ピンカールは、完全に乾いてほどくと、ループの直径の 1.5 倍のハーフウェーブが得られる。
  2. カールを巻くとき、テンションを加えることでヘアスタイルを長持ちさせることができる。
  3. クロッキノールカールは、根本から指先方向へと巻いて作るカールです
  4. 頭部右側でクロックワイズワインドカールは、リバースカールである。
問題47毛質と酸化染毛剤によるカラーリングに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 硬く太い毛質は、色が暗く出やすい
  2. 柔らかく細い毛質は、黄色味系が出やすい。
  3. 吸水性のある毛質は、希望色より明度の低い染毛剤を選択する。
  4. はっ水性のある毛質は、吸水性のある毛質より染毛剤の塗布量を多めにする。
問題48メイクアップに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. アイシャドーは、目もとにやわらかい陰をつけたり、立体感やくぼみを与える。
  2. マスカラでまつ毛を長く太く見せ、ボリューム感を与えることで、目の表情を生き生きと見せる。
  3. アーチ型の眉は、柔らかい目元になる
  4. リップは、口角から中央に向かって描くと形をつくりやすい。
問題49日本髪に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 現代の日本髪の最初の型とされているのは、島田髷である。
  2. 日本髪の髷は、若い人は大きくし、年齢とともに小さく結う。
  3. 丸髷は既婚女性に結われる
  4. 桃割れは、明治時代に入ってから少女の髪型として結われるようになった。
問題50着物及び着付けに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 女性の腰ひもは必ず体の中心で結ぶわけではない、基本は前で結ぶ
  2. 男性の着物には、身八つ口はない
  3. 体の凹凸は、長襦袢を切る前に補整する。
  4. 小柄な人には帯の幅は狭く、お太鼓は小さくする。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする