第31回美容師国家試験筆記 過去問見直し用 全選択肢 正しい文章(26問〜50問)




美容師国家試験の筆記問題を全問正解にしてみた!を試しに作ってみました
※過去問をやっていない方は見ないでください過去問バレ注意!

第31回美容師国家試験(筆記問題)見直し用
まだ過去問をやっていない方は見ないでください!!
点線太文字が修正箇所です。

第31回美容師国家試験(筆記問題)の過去問を何度もやった方に見てほしいです。まだ第31回美容師国家試験(筆記問題)の過去問をやっていない方は見ないでください!!

第31回美容師国家試験(筆記問題)の過去問の全選択肢を正解文にした問1〜問50




PDF/第31回美容師国家試験(筆記問題)の過去問の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

修正箇所はコチラからご覧いただけます。

第31回美容師国家試験(筆記問題)の全選択肢を正解文にしてみた!
(問26〜問50)

皮膚科学

問題26皮膚の構造に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織の3つの層からなる。
  2. 表皮は、上から角質層、顆粒層、有棘層、基底層4 つの細胞層からなる。
  3. 色素細胞(メラノサイト)は、皮膚の色素であるメラニンをつくる細胞である。
  4. 真皮は、膠原線維がその大部分を占め、その間に弾性線維が混在している。
問題27皮膚及び皮膚付属器官に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 毛母は、毛球の毛乳頭に接している部分をいう。
  2. 爪は、真皮の角質層の変形したもので、その成分はケラチンである。
  3. 脂腺は、短い排出管をもって毛包に開口している。
  4. エクリン腺は、手掌や足底に最も多く分布している。
問題28皮膚及び皮膚付属器官の生理機能に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 皮膚の表面にある脂肪膜(皮脂膜)は、弱酸性である。
  2. 皮膚で体温調節を積極的に行っているのは、毛細血管と汗腺である。
  3. 脂腺の発育は、男性ホルモンの影響を強く受ける。
  4. 爪は、爪母が保存されていても、はがれても再生する
問題29皮膚及び皮膚付属器官の保健に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 皮膚の健康に必要な栄養は、常に体内から血液などによって供給される。
  2. サンスクリーン剤は、紫外線を吸収する成分あるいは反射・散乱させる成分を含んでいる。
  3. 糖尿病では、細菌や真菌による皮膚疾患にかかりやすい。
  4. 油性のフケ症の人は、よくシャンプーして汚れをしっかり落とすことが大切です。
問題30皮膚疾患と病原体に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 伝染性膿痂疹(トビヒ)は、 化膿菌
  2. 青年性扁平疣贅は、 ウイルス
  3. 尋常性毛瘡(カミソリカブレ)は、 化膿菌
  4. 頭部白癬(シラクモ) 真菌(カビ)*ヒゼンダニは、疥癬




美容の物理・化学

問題31力による物体の変形に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 伸びは、物体を引っ張るように力が働くときに生ずる変形である。
  2. 縮みは、物体を押さえつけるように力が働くときに生ずる変形である。
  3. ずれは、物体の上面と下面に、逆向きの力が働くときに生じる変形である。
  4. たわみは、伸びと縮みが組み合わさって生ずる変形である。
問題32水の分子を例にした物質の三態について、分子運動の小さい(不活発な)ものから大きい(活発な)ものの順に列記した正しいものです
  1. 固体(氷)<液体(水)<気体(水蒸気) このような変化を物質の三態変化という。
問題33紫外線に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 紫外線を人工的に照射する紫外線灯は、殺菌灯として用いられる。
  2. 紫外線は、紫色光の外側短波長側に分布する領域の光である。
  3. 紫外線は、皮膚でビタミン D を生成する作用がある。
  4. 太陽光線の熱作用は、赤外線の放射による。
問題34物質の構成に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 塩化ナトリウムは、ナトリウムと塩素の化合物である。
  2. エタノール、デンプン、タンパク質は、有機化合物である。
  3. 自然界に存在する空気や海水は、混合物である。
  4. 窒素、水素などは、ただ1種類の元素から成り立つ物質で、単体である。
問題35次の酸のうち、有機酸に該当するものは酢酸です
  1. 硫酸 *無機酸
  2. 硝酸 *無機酸
  3. 酢酸
  4. 塩酸 *無機酸




感染症

問題36酸と塩基に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. フェノールフタレイン(pH 指示薬)は、酸性溶液中では無色である。
  2. フェノールフタレイン(pH 指示薬)は、アルカリ性溶液中では赤色である。
  3. 赤色リトマス試験紙は、酸性の水溶液で変色しない
  4. 青色リトマス試験紙は、アルカリ性の水溶液で変色しない
問題37香粧品に用いられる色材に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. タルクは、滑石を原料として作られる体質顔料である。
  2. 化粧品に使用できるタール色素は、厚生省令で定められている。
  3. 微粒子酸化チタンは、紫外線遮断剤として用いられる。
  4. 天然色素は、タール色素に比べて、着色力や耐光性、耐薬品性が優れていない。
問題38香粧品に用いられる配合成分とその配合目的に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. パラオキシ安息香酸エステルは、防腐剤である。
  2. ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)やトリクロサンは、殺菌剤である。
  3. ジブチルヒドロキシトルエンは、抗酸化剤である。
  4. クロルヘキシジンは、消毒剤である。
問題39頭皮・毛髪に使用する香粧品に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. エアゾールタイプのスタイリング剤には、噴射剤として可燃性の液化石油ガスやジメチルエーテルが 用いられる。
  2. 皮膜形成剤を配合したスタイリング剤には、合成粘液質のポリビニルピロリドン(PVP)が用いられる。
  3. ヘアリンス剤に用いられる陽イオン界面活性剤の第四級アンモニウム塩は、毛髪の帯電防止効果がある。
  4. ムース状のスタイリング剤は、高分子合成シリコーンが主成分である。
問題40酸化染毛剤に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 酸化染毛剤は、染着の仕組みの違いによる分類では永久染毛剤に属する。
  2. 酸化染毛剤は、医薬部外品である
  3. パラフェニレンジアミンは、酸化染毛剤に使用される有効成分の一つである。
  4. 酸化染毛剤は、使用の都度パッチテスト(皮膚貼付試験)を行って使用する。




美容理論

問題41下図はコームを表したものである。Aを目 、Bを背、Cを肩という。

問題42スキャルプマッサージ技術の揉捻法とは、4指と母指を用いてもみほぐすことです
  1. 揉捻法とは、4指と母指を用いてもみほぐす。
  2. 強擦法とは、手掌、4指、母指を用いて強くこする。
  3. 叩打法(タッピング)とは、指の掌面を用いて、頭をはじくように叩打する。
  4. 圧迫法とは、手掌を用いて、左右の側頭部を圧迫する。
問題43ヘアカッティングの正しい姿勢に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. カットする対象に対して、腕を軽く曲げたくらいの間隔をおく。
  2. 目線の高さを調節する場合は、背筋を曲げず、膝の屈伸で対応する。
  3. カットする際、肘の位置をカットラインに合わせる。
  4. 右から左へ上がるラインを切る場合は、右肘を下げる。
問題44パーマネントウェーブ技術に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. テストカールで見る適正カールは、カール径が使用したロッドの直径の約 2.5 倍を基本とする。
  2. 中間リンスは、第1剤(1液)を完全に洗い流し、2剤の働きを効果的にする。
  3. ワインディングのロッドを巻き込むステムの角度が頭皮に対して 135 度のとき、最もボリュームが出る。
  4. アフターリンスでは、施術中に脱脂した油分をヘアトリートメント剤で補う。
問題45カールのステムに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. ステムの方向は、毛髪の流れを左右する。
  2. ステムの方向と角度を一つに結びつけるところをピボットポイントとよぶ。
  3. メイポールカールは、ステムの角度が0度に近いフラットなカールである。
  4. カールステムは、ベースからピボットポイントまでの部分をいう。




問題46酸化染毛剤の技術に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 全体を暗く染める場合には、毛髪の明るいフロント部分から塗布する。
  2. 染まりにくい毛髪でも、染毛剤の1剤と2剤の割合を変えるようなことはない
  3. もみ上げやフロントは、頭頂部に比べて染まりにくい部分なので最初に塗布する
  4. バージンヘアの場合でも、毛先は染まりやすいので根元から先に塗布するようなことはない
問題47フェイシャルマッサージに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. フェイシャルマッサージの際、技術者は肩や指先の力を抜き、トリートメント部位に手掌、指先を密着 させる。
  2. 圧迫するときは、手の重み、体重移動などを利用する。
  3. 額の軽擦は、眉頭から生え際へ行う。
  4. 顎の軽擦は、4本の指の腹や手掌を使い、中から外へ円を描くように行う。
問題48爪のカット形状による分類で、オーバルとはサイドとトップに丸みをもたせた卵形です。
  1. スクエアとは、サイドとトップがストレートで、フリーエッジの角が直角な四角形
  2. ラウンドとは、サイドはストレートで、トップが丸くカットされている形
  3. オーバルとは、サイドとトップに丸みをもたせた卵形
  4. ポイントとは、先にいくにつれて細くなったアーモンド形
問題49ベースメイクアップに関する次の記述は、全て正しいものです
  1. ファンデーションは、素肌よりも美しく、自然な感じのつややかな肌に整える。
  2. 顔の骨格の高い部分を強調するため、その人の肌の色より明るいトーンのファンデーションを塗る技法
    をハイライトという。
  3. 皮膚の動きが激しく、ポイントメイクアップを行う目や口のまわりは、ファンデーションを薄く塗る
  4. ファンデーションを肌に定着させるために、軽いタッチで細かく上からはたく技法をパッティングという。
問題50和装婚礼の髪型とされているものは、次のうちなら文金高島田です
  1. 桃割れ *幼女の曲げとして最も有名
  2. 文金高島田
  3. 結綿島田 *17、18 歳頃の町娘に結われたもの
  4. 丸髷 *主婦や年配の女性に結われたもの




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする