第36回美容師国家試験筆記 過去問見直し用 全選択肢 正しい文章(1問〜25問)




美容師国家試験の筆記問題を全問正解にしてみた!を試しに作ってみました
※過去問をやっていない方は見ないでください過去問バレ注意!

第36回美容師国家試験(筆記問題)見直し用
まだ過去問をやっていない方は見ないでください!!
点線太文字が修正箇所です。
【全選択肢正解文を作った訳】
平成29年に、宅建士試験に挑戦した時の試験一ヶ月前に勉強をしていて、何回も同じ過去問をやっている時、もう時間がない!仕事で疲れて問題を解く気力がない、間違いの選択肢を解答で確認するのも面倒くさい。間違いの選択肢を読む時間があったら
全文、正解だけ、正しい選択肢だけを読みたい!
そういうのがないか、検索してもなかったので宅建の試験中は作れませんでしたが合格して時間ができたので私が作ってみました。
「それって、教科書で十分でしょ!」
とも思いましたが、あったら便利?もしかしたら使ってくださる方もいるかな!と思って宅建の過去問全選択肢正解文を10年分作ってみました。
しかし、アクセスは伸びず、需要はないようです。そんな時、本業の美容師の国家試験(筆記)の全選択肢正解文をつくったら私のブログの中ではアクセスが多い記事になったので、今回追加で5回分作ってみました。

第36回美容師国家試験(筆記問題)の過去問を何度もやった方に見てほしいです。まだ第36回美容師国家試験(筆記問題)の過去問をやっていない方は見ないでください!!

第36回美容師国家試験(筆記問題)の過去問の全選択肢を正解文にした問1〜問50




PDF/第36回美容師国家試験(筆記問題)の過去問の全選択肢を正解文にしたpdfファイル

修正箇所はコチラからご覧いただけます。

第36回美容師国家試験(筆記問題)の全選択肢を正解文にしてみた!
(問1〜問25)

関係法規・制度

問題1 美容師法に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 美容師の資格を定め、美容師でなければ美容を業としてはならない。
  2. 美容業の振興を目的としていない。盛んになることを目的としていない。
  3. 管理美容師の資格を取得するためには、3年以上美容の業に従事し、かつ、都道府県知事指定の講習会
    の課程を修了しなければならない。
  4. 美容師でなくても、美容所を開設することができる。
問題2美容師免許に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 美容師試験に合格しても、かつて無免許で美容の業を行った者には、美容師の免許が与えられないこと がある。
  2. 美容師免許の効力は、日本国内全域に及ぶ。
  3. 氏名を変更した場合は、30日以内に美容師名簿の訂正を申請しなければならない。
  4. 美容師免許証を紛失した場合は、厚生労働大臣(指定登録機関)に免許証の再交付を申請しなければな らない。
問題3美容師法に関する次の文章は、正しいものです
  1. 「美容師法は( 衛生管理 )のため、( 開設者 )に対しては美容所について、美容師に対しては美容の 業を行うときについて、それぞれが講ずべき( 衛生上必要な措置 )を定めており、その実施状況を環境 衛生監視員が立ち入って検査することがある。」
問題4美容師法に基づく行政処分に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 美容師が伝染性の疾病にかかり、その就業が公衆衛生上不適当と認められた場合は、業務停止処分を受 けることがある。
  2. 美容師が業務停止処分に違反した場合は、免許を取り消されることがある。
  3. 美容所の開設者が業務停止処分を受けている者に美容の業を行わせた場合は、美容所の閉鎖を命じられ
    ることがある。
  4. 美容師名簿に登録されていない者が美容の業を行った場合でも、業務停止処分を受けることはない
    *30 万円以下の罰金に処せられる可能性がある。
問題5「生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律」に基づき設立された美容業生活衛生同業組合が行うことができないものと、できるものについて、全て正しいものです
  1. 美容所の施設の改善及び経営の健全化のための資金のあっせんは、できる。
  2. 組合員の営業に関する技能の改善向上は、できる。
  3. 組合員に対する、施術料金を統一するための標準営業約款の作成は、できない
  4. 組合員の共済に関する事業は、できる。




衛生管理 【公衆衛生・環境衛生】

問題6わが国の出生と死亡の統計に関する次の記述のは、全て正しいものです
  1. 第1次ベビーブーム期の出生数は、年間 200 万人を超えていた。
  2. 2008 年の乳児死亡率は、出生 1,000 に対して約 26 である。( 乳児死亡率は 2.6%)
  3. 2009 年の出生数は、約 100 万人である。
  4. 2009 年の合計特殊出生率は、2.0 以下である。
問題7わが国の医療や介護の制度に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 医療保険制度は、国民皆保険制度を採用している。
  2. 公的医療保険による一部負担金の割合は、最大で医療費の 3 割である。
  3. 介護保険制度の財源は、40 歳以上の人からの保険料である。
  4. 介護サービスの利用者負担はある
問題8不足するビタミンと疾病に関する次の組合せは、全て正しいものです
  1. ビタミンA ─── 夜盲症
  2. ビタミンB1 ─── 脚気
  3. ビタミンC ─── 壊血病
  4. ビタミンD ─── くる病(乳幼児)、骨軟化症(成人) *糖尿病ではない
問題9わが国の廃棄物処理に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 産業廃棄物以外のものを一般廃棄物という。
  2. 美容所から排出される毛髪は、一般廃棄物である。
  3. 産業廃棄物の処理は事業主が自ら行うことも、業者に委託することもできる。
  4. 一般廃棄物の焼却処理は、減量化と衛生的な処理のために行われる。
問題10衛生害虫に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. ハエが、デング熱を媒介するおそれはない。デングウイルスを持った蚊が媒介する。
  2. 蚊は、メスがヒトや動物から吸血し、感染症を媒介するおそれがある。
  3. コロモジラミは、衣服などを介してヒトに寄生する。
  4. ノミによる吸血は、かゆみを伴い、感染症を媒介するおそれがある。




【感染症】

問題11感染症のうち、美容師がり患した場合、感染症法に基づき美容の業務に従事できなくなるも のは結核です。B型肝炎、後天性免疫不全症候群(エイズ)、梅毒は従事できる。
問題12微生物の増殖に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 酸素があると増殖できない細菌がいる。
  2. 10°C以下の温度でも増殖する細菌がいる。
  3. ウイルスの増殖には生きた細胞が不可欠である。
  4. ウイルスの増殖は2分裂で行われない。ウイルスは、それ自身単独では増殖できない。
問題13人体の部位と存在する常在細菌叢に関する正しい組合せです
  1. 皮膚 ─── レンサ球菌
  2. 鼻腔 ─── 結核菌ではなく、ブドウ球菌
  3. 顔面 ─── ブドウ球菌
  4. 大腸 ─── 大腸菌
問題14感染症と感染経路に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. ペストは、ネズミ、ノミを介して感染する。
  2. 麻しんは、飛沫(しぶき)を介して感染する。
  3. コレラは、飲食物を介して感染する。
  4. 破傷風は、土壌を介して感染する。
問題15B型肝炎に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 症状としては、全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐がある。
  2. 肝硬変、肝がんへと進む場合がある。
  3. 性的交渉で感染する。
  4. 血液を介して感染する場合がある。




【衛生管理技術】

問題16美容所で行われる蒸気消毒と煮沸消毒に関する次の記述のは、全て正しいものです
  1. 蒸気消毒は芽胞に効果はない。あるのは、紫外線消毒です。
  2. 煮沸消毒は芽胞に効果はない。あるのは、紫外線消毒です。
  3. 蒸気消毒は血液が付着している器具に適用できない。
  4. 煮沸消毒は血液が付着している器具に適用できる。
問題17化学的消毒法に関する次の記述は、全て正しいものです。
  1. 両性界面活性剤による美容用器具の消毒は、0.1%の水溶液に 10 分間浸す。
  2. 逆性石けん液は、普通の石けんと混合すると効果が低下する。
  3. 次亜塩素酸ナトリウムは、冷暗所に保存しなければならない。
  4. 消毒用エタノールは、芽胞のある菌に効果はない。あるのは、紫外線消毒です。
問題18次亜塩素酸ナトリウムによる消毒法に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 次亜塩素酸ナトリウムは、漂白作用と殺菌作用がある。
  2. 次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、ウイルスに対して効果があるが、金属を腐食させる。
  3. 0.01%次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、10 分間で芽胞を不活化するようなことはない。芽胞には効果がありません。
  4. 血液が付着していないタオルの消毒は、0.01%次亜塩素酸ナトリウム水溶液に 10 分間浸す。
問題19消毒液の濃度の表し方に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 消毒液 100ml の中に消毒薬の主剤を 3ml 含む消毒液の百分率は 3%である。
  2. 消毒液 100ml の中に消毒薬の主剤を 2ml 含む消毒液の百万分率は 20,000ppm である。
  3. 消毒液 100ml の中に消毒薬の主剤を 1ml 含む消毒液の混合比は水 99 対主剤 1 である。
  4. 消毒液 100ml の中に消毒薬の主剤を 4ml 含む消毒液の希釈倍率は 25 倍である。
問題20消毒薬水溶液の特徴に関する次の記述は、全て正しいものです
  1. 次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、特異な臭気があり、アルカリ性を示す。
  2. 両性界面活性剤水溶液は、陽イオン 陰イオンにもなる。
  3. エタノール水溶液は、無色透明で特有の臭いがあり、中性を示す。
  4. 逆性石けん水溶液は、無色・特異な臭気があり




美容保健 【人体の構造および保健】

問題21顔面の次の部位のうち、正中線上にないものは、鼻翼です。鼻根、鼻背、鼻尖は、正中線上にあります。
問題22
  1. 血液凝固に深く関与するものは血小板です。
  2. 酸素を運ぶ役割は赤血球です。
  3. 白血球の 1 種類で、侵入してきた細菌などの殺菌を行うことで、感染を防ぐ役割を果たすのは好中球です。
  4. 白血球の 1 種類で、ウイルスなどの外敵や腫瘍などの異物を攻撃するのはリンパ球です。
問題23
  1. 頸部の筋に該当するものは胸鎖乳突筋です
  2. 胸腔と腹腔との境をつくる膜状筋は横隔膜です。
  3. 肋間筋は胸部の筋肉のうち、胸壁肋間隙にある胸壁筋のうちの一つです。
  4. 三角筋は、肩関節をおおう厚い筋肉です。
問題24次の器官と交感神経の作用の組合せは、全て正しいものです
  1. 瞳孔 ────── 散大
  2. 消化管 ───── 機能抑制
  3. 気管支 ───── 拡張
  4. 心臓(心筋) ── 収縮率増加
問題25気管は、循環器系に含まれない。心臓、血管、リンパ管は循環器系に含まれる。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする